地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

インランドタイパン

インランドタイパンの皮の色は季節に応じて変化し、通常の濃い黄褐色から、濃い黒、また茶色がかった薄緑色の範囲内で変化します。インランドタイパンの全長は約1メートル8センチあります。このヘビは、オーストラリアのクイーンズランド州と南オーストラリア州の境界線、半乾燥の黒い土壌の平原に生息しています。インランドタイパンは、一回の出産ごとに1ダースから20ダースほどの卵を産みます。季節の移り変わりに合わせて肌の色を変えるこのヘビは、周囲の景色を彩る要素の一つとなっています。

Advertisements
Advertisements

このヘビの季節的な皮の色の変化は、寒い時期により多くの光を吸収できるようにするためで、こうすることにより、体温の調節と管理をしています。その毒の致死率については、このナイリクタイパはリストの上位を占める存在です。タイポキシンと神経毒の混合物は、出血、息切れ、麻痺、および筋肉の損傷を引き起こします。このヘビは、主にオーストラリア内陸部に生息していますが、一般的にはシャイであるため、他の生物に遭遇した場合、攻撃するよりも逃げる傾向にあります。しかし、相手側が攻撃してきた場合、容赦なく噛み付く事があり、その場合はすぐに治療しないと、30〜45分という短い時間内に死に至ります。

Advertisements
Advertisements