地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ボールパイソン

ボールパイソンは、アフリカの熱帯地方に生息しており、主に小型の哺乳類や鳥を餌として生活します。大人の人間にとっては、このヘビは有毒でも危険でもありませんが、幼児にとっては極めて危険な場合があります。大人であっても、このヘビの噛傷は強い痛みを引き起こし、その傷跡はくっきりと残ります。ボールパイソンは、無毒のパイソン種に分類され、通常であれば、人間にとって無害であると考えられています。このボールパイソンは絶滅危惧種ではなく、長年の間飼育下におかれてきました。

Advertisements
Advertisements

ボールパイソンは、野生の環境下では生息せず、その代わりに、アフリカ南部と東部の暖かい気候の元で生息することを好みます。ボールパイソンは、体長およそ4.5フィートにまで達することがありますが、ほとんどの場合、3フィートより少し長い程度の体長をほこります。ボールパイソンの主な餌は、小さな哺乳類と鳥ですが、他にもヘビ、トカゲ、カエルを食べることも時々あります。また、他の多くのヘビと同様に、獲物を捕獲するときには、収縮させると同時に、有毒な咬傷をもたらします。

Advertisements
Advertisements