地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

アミメニシキヘビ

アミメニシキヘビは、世界で最も長いヘビの1種類であるだけでなく、最も長い爬虫類でもあります。ほとんどのストラングラーヘビと同様、彼らは人間に対して大きな脅威を与えませんが、これまでに人間が攻撃されたという報告が残されています。アミメニシキヘビは、世界最長のヘビであり、毒を持たない数少ないヘビの1つです。また、このヘビは一般的な認識とは異なり、獲物を押しつぶすことはありません。その代わりに、獲物を収縮または圧迫して死に至らしめます。

Advertisements
Advertisements

アミメニシキヘビは、獲物が窒息するまで、その長いボディを何重にも巻きつけます。このヘビは、自分の2倍のサイズの獲物まで飲み込むことができます。東南アジアとインドに生息しているこのアミメニシキヘビは半水生であり、陸上だけでなく水中でも生き残ることができます。もし、この先インドネシアへの旅行を考えている場合、このヘビが住んでいるという事実を思慮に入れるべきです。科学者たちの研究によると、このヘビには強い攻撃性がないとのことですが、かつてインドネシアでは、14歳の子供がアミメニシキヘビに襲われ、食い尽くされました。

Advertisements
Advertisements