地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

イースタンブラウンスネーク

イースタンブラウンスネークのあごと下腹部分は、ベージュまたは淡黄色をしていますが、その尾の部分は茶色をしています。この色は時として暗くなり、焦げ茶色または灰色に変化します。このイースタンブラウンスネークは、一般的に細身のボディを持ち、中型のヘビに分類されています。その頭と首の明確な区別はありません。このヘビは日中に活発に活動しますが、非常に暑い日の場合はその活動を潜め、涼しくなる午後の遅くに再び活発になり始めることがあります。

Advertisements
Advertisements

オーストラリア北部に個体群として生息するこのヘビは、同大陸南部で見られる個体群のヘビよりも大きな体をしています。イースタンブラウンスネークの持つ牙は、他のオーストラリアの有毒ヘビの牙に比べていささか控えめなものです。イースタンブラウンスネークは、大陸の乾燥した硬葉樹林から湿った硬葉樹林地域まで、さまざまな環境下において見られます。また、大人の人間を抹殺するほどの毒を秘めているのは、多くのイースタンブラウンスネークの中でもほんの一部だけです。しかしこのヘビは、世界で2番目に強力な毒を有しています。

Advertisements
Advertisements