地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

ダイヤモンドガラガラヘビ

このヘビは通常、ほこりっぽい灰色がかった茶色のボディを持ちますが、中にはピンクがかった茶色、レンガ色の赤、黄色がかったピンク、もしくはまたはチョークのような白い灰色をした場合もあります。ダイヤモンドガラガラヘビは、海抜上約2000メートルまでの高度で発見される可能性があります。また、平坦な海岸平野から急な斜面の多い峡谷や斜面まで、さまざまな場所に生息しています。しかし、彼らは木や崖などを登ることは得意ではなく、タカやワシのような猛禽類、ミチバシリ、イノシシ、その他のヘビは、自然の捕食者となります。

Advertisements
Advertisements

ナショナル・ジオグラフィックは、このヘビを北米で最大、かつ最も有毒なヘビであるとしています。このダイヤモンドガラガラヘビのいくつかは、体長2.5メートル、体重4.5キロまで成長することがあります。しかし、脅迫されていると感じない限り、このヘビは人間に危険を及ぼすことはありません。基本的にこのヘビは、何者かによって攻撃されたり、捕獲されたりしている危険を感じた場合にのみ相手に噛みつきます。ただし、この行動を行う前には、このヘビは尻尾を振って警告のサインを出します。

Advertisements
Advertisements