聴覚障害のある女性は山頂から600フィート落下したが、突然自分が一人ではないことに気づいた

2018年の夏、聴覚障害者の大学生であるアメリア・ミリングは、夏休みの期間をアラスカで過ごすことにしました。当時、彼女はテネシー州にあるロチェスター工科大学に通う、21歳の大学生でした。アメリアは大胆不敵なハイカーであり、新しい登山先を探索することを趣味としていました。彼女のお気に入りの娯楽は、一人で歩いたり、難しいトレイルを歩くことです。そんな経験豊富な彼女は、雪の中でのハイキングは大きな危険が伴うことを承知していました。特に、彼女のように障害を抱えている人にとってはなおさらです。

Advertisements
Advertisements

彼女は障害を抱えているにもかからわず、困難なソロでのハイキングを遂行するための知識、能力、そして好奇心を兼ね備えていました。雪に覆われた荒野を探索することほど、大変な労力を伴うことはありませんが、アメリアのような探検家にとって、極めて難しいハイキングへの挑戦は、自分への挑戦のようなものでもありました。アメリアは聴覚障害に苦しんでいましたが、実に強くて大胆な女性でした。そのため、彼女は自分自身の限界に挑戦することを生きがいとしており、今回まったく新しいハイキングに挑戦するため、地元のテネシーからアラスカ最大の都市であるアンカレッジへと旅を始めました。

Advertisements
Advertisements