男はハワード・ヒューズの古い飛行機を回収し、史上最もクールなハウスボートに改装した

1939年の運命の日、有名な飛行士ハワード・ヒューズは、彼の貴重なボーイング307ストラトライナーを、最終の飛行へと連れて飛び立ちました。しかし後に、ヒューズの誇るいわゆるフライング・ペントハウスは、解体屋によって破棄されることはありませんでした。その代わりに、後にいくつかの劇的な改装を機体に加えることになる、ケネス・ロンドンの手へと渡ったのです。まず最初に、彼はその翼を取り外し、それから水耐性を施し、最後に、彼は舵を追加しました。このようにしてロンドンは、古い機体を実用的なハウスボートへと改装しました。そしてその結果は、実に信じられないものです!

Advertisements
Advertisements

しかし、このフライング・ペントハウスの劇的な変化は、果たしてどこから始まったのでしょうか?その仕掛け人であるロンドンは、もちろんヒューズの愛機への強い愛着と、飛行機に対する情熱を抱いています。億万長者であるロンドンは、これまでに自主的に映画を制作したり、また新しい発明を考案したりと、その生涯にわたって様々な分野に頭を突っ込んできました。そして、これらのすべての根底にあるもののは、この男の異常なまでのクラフトへの熱意であり、一部の筋によると、それは彼の持つ強迫性障害によってさらにその勢いを増したと噂されています。

Advertisements
Advertisements