服装を理由に学校から追放された十代の少女に対し、父親が介入した

耳を傾けていた父親

学校の管理者が、彼の娘を追放した明確な理由について、意図的にぼかしていることを学んだ時、彼は驚きながら部屋にいる全員の顔を見わたし、ぽかんと空いたその口を閉じる事ができずにいました。

彼はその場所に立ちながら、彼らが娘を叱り続ける姿を心房強く眺めていました。しかし、やがてそれがピークに達すると、彼は介入に出ざるを得ないと判断しました。彼は自身のネクタイを緩め、ゆっくりと袖をまくり上げ、前腕と肘を露出させました。今、彼はこの戦いがやがて拳を行使するものになるだろうという予感がしていました。

Advertisements
Advertisements

トニー・アラルコンは、状況が許す時には、自身が望むものを何でも手に入れることのできる経済状況を手にしていました。彼は投資銀行家であり、不動産ビジネスで多くの成功を収めていたのです。しかし、大切な娘の通う学校が、ある事件をきっかけに娘の学業を阻んだ時、彼は怒りを感じずにはいられませんでした。娘の顔に大粒の涙が流れているのを見ると、普段は冷静な彼も、感情的な行動を取らざるを得ませんでした。彼は、自身の持つすべての利用可能な資産を利用し、娘と学校の状況を改善しようと行動に乗り出したのです。

Advertisements
Advertisements