息子の墓に供えた花がこつぜんと消失すると、父親はカメラを設置した

予想外の盗難

彼女は、自分の目を信じることができませんでした。果たしてこれは、誰かが意図的に行った行為なのでしょうか?それは具体的には彼女ではなく、彼女の亡き息子に起きたことでした。彼女が彼への贈り物として与えた花ほど貴重なものを、何故見知らぬ誰かは勝手に受け取ることができるのでしょうか?また、彼女の夫も彼女と同様に動揺していました。彼らは、果たして誰がこのような行為を行ったのかを突き止める必要がありました。そして彼らは、監視カメラに残されていた映像を鑑賞すると、そこに見た内容をどうしても信じることができなかったのです。あるメモは、年配の女性によって書かれていました。

Advertisements
Advertisements

この夫婦は、同地域に住む他の住民ととても中がよく、彼らはもはやただの隣人同士などではなく、家族同然のような存在でした。しかし、彼らが良く知る人々しかいないこの地域で、なぜ今回のような事件が起こったのでしょうか?ある女性は、赤ん坊を誘拐した罪により逮捕されるまで、自分の罪を告白することはありませんでした。彼女は何ヶ月も彼らを監視し続け、適切な瞬間が来るのを待っていたのです。そして、彼女自身のセキュリティ映像は、彼女を起訴し、家族から永久に遠ざける決定的なものとなりました!

Advertisements
Advertisements