14歳で行方不明になってから20年、ついに発見された女性はスペイン語を話し、母親になっていた

親として、ある日目を覚ましたら子供が行方不明になっていたというのは最悪の悪夢でしょう。その、想像を絶する苦痛を経験したいと思う人は誰もいません。しかし、悲しいことにこれはしばしば起こることで、そのような親はいつの日か子供が戻ってくることに期待して、そのためにできることは何でもしようとします。

Advertisements
Advertisements

20年間、シンシア・ハーグはまさにそれを経験しました。彼女は、子供がいつか戻ってくると信じて、ボルチモアにある彼女の家をずっと離れないことに決めました。しかし、14歳のクリスタル・ハーグは跡形もなく姿を消し、帰ってくることはありませんでした。そして20年が経過するのです…

Advertisements
Advertisements