14歳で行方不明になってから20年、ついに発見された女性はスペイン語を話し、母親になっていた

彼女は過去に立ち向かわなければならなかった

現在20代の、クリスタルの息子であるブライアンは、母親のところに行って本当の家族は誰かと尋ねたのを覚えています。彼は、誰もが本当のおばあちゃん、叔母、そして叔父を持っているに違いないと思っていたのです。彼はいつも母親の家族がどこにいるのか知りたがっていました。しかしクリスタルは、フェイスブックを通して家族を定期的にチェックしていたのです。

Advertisements
Advertisements

クリスタルはブライアンからの質問には答えないままにしました。彼女は家族、特に母親を深く懐かしく思っていましたが、自分がしたことを本当に恥じていたのです。しかし、若いブライアンは母の家族について知りたがり、クリスタルに彼女の家族に再び連絡するように促したのは彼だったのです。

Advertisements
Advertisements