14歳で行方不明になってから20年、ついに発見された女性はスペイン語を話し、母親になっていた

行方不明

彼女はその答えを知りたいと思っていましたが、なかなか聞き出せずにいました。それは非常に敏感な主題であり、彼女は娘を怖がらせたくはありませんでした。しかし彼女は行方不明になった娘を再び去らせるという考えには耐えられませんでした。

Advertisements
Advertisements

シンシアは彼女に注意しようとしていました。考えられる限り、彼女の娘が他の子供よりも「ひどい状況」にあったことは一度もなく、彼女は母親に感謝するべきであったはずです。しかしほとんどの行方不明者は数十年後に現れることはありません。仮に戻っても、無傷で戻るのは珍しいことです。

Advertisements
Advertisements