14歳で行方不明になってから20年、ついに発見された女性はスペイン語を話し、母親になっていた

行方不明の子供の母親として、シンシアは娘が消えた理由を常に自問していました。彼女は自分に何が起こったのかを受け止めることができず、娘の失踪から何年が経っても毎日、クリスタルが再度家のドアをノックするように祈っていたのです。

Advertisements
Advertisements

彼女は自分の祈りが最終的に与えられるとは思いもしませんでした、しかし彼女はすぐに、彼女が待っていた答えを得ることになります。悲しい現実と向き合うのは簡単ではなく、娘が戻ってくることを期待しつつも疑っていましたが、シンシアの願いは届いたのです。

Advertisements
Advertisements