14歳で行方不明になってから20年、ついに発見された女性はスペイン語を話し、母親になっていた

おとぎ話ではありません

数十年後に行方不明の子供が現れることを想像してみてください。多くの人々は、そんなおとぎ話のような結末を期待します。しかし実際にはそうではありません。なかなか見つからない子供たちもいて、時には悲痛な結末を迎えることもあるのです。

Advertisements
Advertisements

失踪者と家族の両方が抑圧され、長い間感情を押し殺しています。そして長い間行方不明になっていると、子供は成長し、その見た目が変化することが予測されます。彼らはもはや、10年か15年前に知っていたの子供と同じ人ではないかもしれないのです。

Advertisements
Advertisements