14歳で行方不明になってから20年、ついに発見された女性はスペイン語を話し、母親になっていた

ほろ苦いエンディング

現在62歳のシンシアは仕方がないが、それでも苦い思いをしている。シンシアは、「私たちがもう少し近づいたらいいのにと思います」と語った。彼らは今一緒にいますが、シンシアは娘と一緒に過ごすことができたはずの時間を逃したことを常に後悔しています。

Advertisements
Advertisements

20年間行方不明だった母と娘の再会は、誰もが望んでいたおとぎ話ではありません。それは関係者の苦しみと悲しみを反映しています。しかし、物語が消費するのにかなりほろ苦いものであったとしても、それから出てきた良いものがまだあります。

Advertisements
Advertisements