14歳で行方不明になってから20年、ついに発見された女性はスペイン語を話し、母親になっていた

最後の言葉とクリスタルの失踪

クリスタルと彼女のお母さんは定期的に会話をしていました。ある日クリスタルが母の職場を訪ね、その後去ろうとしていたとき、シンシアは「家にいなさい!」と言いました。クリスタルはそうします答えました。しかし、彼女たちはその言葉が最後の会話になることを知りませんでした。仕事を終えた後、シンシアは家に帰り、14歳の娘のクリスタルがいないことに気づくのです。

Advertisements
Advertisements

シンシアはパニックになり、彼女の娘がどこにいるのか知っているかもしれないすべての人に電話をしました。最初シンシアは、娘がただ空中に消えるなんてことは不可能で、たぶん、彼女は友達とキャンプをしているか、クラスメートと一緒に遊んでいるのだろうと考えました。しかし、娘がどこにもいないことが明らかになったとき、彼女はすぐに警察に連絡しました。

Advertisements
Advertisements