現代の科学者を驚かせる古代ミステリー

サジャマライン

Advertisements
Advertisements

サジャマラインは、1932年にAime Felix Tschiffelyによって発見されました。

これらのラインは、西ボリビアにあります。動物の形を描いたナスカの地上絵とは違い、サジャマラインは、写真で見られるように土地を区分するようなラインです。サジャマラインは、研究において考古学的に非常に重要な場所の一つです。最も長いラインは、20キロメートル(12マイル)になります。専門家たちは、これらのラインが3000年以上前のものだと主張しています。サハマ山付近に住んでいた原住民が、このラインを刻みました。しかし、このラインの目的についてはまだ明かされていません。このラインの目的はまだ謎のままです。しかし、現在、研究者のグループが、このラインの歴史について研究しています。

Advertisements
Advertisements