現代の科学者を驚かせる古代ミステリー

土偶

Advertisements
Advertisements

土偶とは、小さな土人形のことを指します。土偶は、日本の縄文時代に作られていた土人形です。土偶の形は、人間と動物のコンビネーションのようであり、ゴーグルとヘルメットを被ったような見た目をしています。土偶は、2,300年から10,000年前のものであると言われています。土偶の何全体ものの目が、体の比率には合っていない大きさです!一部の土偶は、アーモンド型の目であり、中には通常よりも長めの顔を持った土偶もあります。土偶の目的については、研究者にとって謎に包まれたままです。様々な研究者や科学者から異なる意見や説明が成されています。一部の研究者は、土偶が悪い精神から身を守るために使われたと考えています。中には、土偶は神の形を表したものだと主張する研究者もいます。

Advertisements
Advertisements