現代の科学者を驚かせる古代ミステリー

ドロパ石

Advertisements
Advertisements

1938年にさかのぼって、チープーテイ博士と彼のチームは、中国のバヤン・カラ・ウラ山脈の洞窟で数百の石の円盤を発見しました。石の円盤は洞窟全体に広がっているようで、ほこりやごみで覆われていました。研究者たちは、この石はおそらく12,000年前の遺物であると信じていました。ドロパは蓄音機のように見えました。中央に穴があり、直径が約9インチの円形でした。ドロパ石にはらせん状の溝があり、研究者はそれをとても不思議に思っています。顕微鏡の下では、溝に刻まれた象形文字のような小さな記号がありました。研究者はそれらの象形文字を解読し、宇宙船がその地域で落ちたと述べています。今日、ドロパ石がどこにあるかは誰にもわかりません。そのため、他の考古学者たちは、ドロパ石は伝説だと信じています。

Advertisements
Advertisements