現代の科学者を驚かせる古代ミステリー

ジャイアントモアの足跡

Advertisements
Advertisements

考古学者のチームは、ニュージーランドのオーウェン山の巨大な洞窟内で遠征を行っていました。彼らは、そこで絶滅した動物の爪がまだ残っていることを発見しました。最初、考古学者たちは、その大きさから恐竜の爪であると考えていました。しかし、さらなる調査で、それは絶滅したモアに属しているものだと判明します。モア鳥は、ニュージーランドに生息していた大きく飛べない鳥でした。モア鳥は、身長が12フィートに達し、体重が230キログラムまで達する鳥の一種です。メスのモア鳥はオスの鳥より背が高く、より大きくなる傾向があります。モア鳥は、速く走ることができる地面に住んでいます。モアはその強い足を使って、捕食者から身を守ります。研究によって示されているように、モアは紀元前1000年頃に絶滅しましたが、それでも3000年以上にわたって足跡が鮮明に残っていることは不思議です。

Advertisements
Advertisements