現代の科学者を驚かせる古代ミステリー

サクサイワマン

Advertisements
Advertisements

サクサイワマンは、「城砦」という意味です。インカの遺跡です。現在のペルーのクスコに位置します。西暦1438年〜1471年にパチャクテクによって建てられました。初めは、泥と土のみを使って建てられましたが、のちに各100トンを超える長さ4メートルの綺麗に多角形に切られた岩で建て直されました。この巨大なプロジェクトを完成させるために、20,000人の労働者を必要としました。これらの岩は、ロープ、ログ、ポール、てこ、スロープを使って動かされました。全体の体系については、現在もまだ専門家の間で謎になっています。ある伝説では、植物と他の物質を混ぜ合わせて搾取された液体が、岩を軽く、柔らかくすると言われています。岩を溶かすために、高い温度に岩が暖められたと言われています。

Advertisements
Advertisements