現代の科学者を驚かせる古代ミステリー

ナスカの地上絵

Advertisements
Advertisements

紀元前4世紀から西暦10世紀の間に、古代インカ人によって描かれた地上絵があります。これらの地上絵は、100以上存在しています。もし、飛行機で南ペルーまで飛べば、ナスカの地上絵を見ることができるでしょう。また、砂漠の砂の上で、予期もしない不思議な光景を目にするでしょう。これらのシンボルは、地上絵です。およそ100の地上絵が存在しています。長くて真っ直ぐのラインを使って地上絵が構成されています。これらの地上絵の一部は、鳥、魚、猿、人間などと分かりやすいものです。1,200フィートの長さに渡って、およそ70の動物や植物が描かれています。日本の専門家チームは、鳥の地上絵を研究しました。この地域で2,000以上の地上絵が存在していますが、鳥の地上絵はおよそ16しかなく非常にエキゾチックです。

Advertisements
Advertisements