毎日手を振ってくれた少女の身に起きたことを知った警察官がショックを受ける

私たちの人生に関わる一部の人々は、変わることがあります。これが、ミズーリ州のクリン・スケールと彼女の母親に起きたことのことです。クリンが9歳の時、警察官が日々のルーチンをこなしている間、クリンは警察官の男性に挨拶するのを楽しみにしていました。しかし、ある日クリンの一生を変える大事件が起きたのです。何が起こったのでしょうか?この事件についてチェックしましょう。

フレンドリーな挨拶

Advertisements
Advertisements

地元の警察官が、毎日9歳のクリン・スケールの近所をパトロールしていました。その警察官は、クリンにとってヒーローでした。クリンは毎日のルーチンをフォローし、自分の家の前を通り過ぎる警察官を待っていました。警察官が通り過ぎると、クリンは元気に手を振って挨拶をしました。

警察官はクリンに手を振り返します。二人は、毎日挨拶を交わすようになりました。この挨拶は、二人に喜びをもたらしました。クリンの近所を毎日警察官がパトロールするのには理由がありました。クリンは、平和な幼少期を得られるほど幸運ではなかったのです。

Advertisements
Advertisements