客室乗務員がリアルな労働環境を告白

Advertisements
Advertisements

仮眠のための仕切り部屋があります

長時間の飛行になると、何度か眠りたくなりますよね。しかし、客室乗務員はどうでしょうか?彼らは常に乗客のニーズに応えなければなりません。立ち仕事です。フライトは10時間以上に及びます。

心配しないでください。客室乗務員にも休み時間があります。ボーイング777や778といった大きな機内には、スタッフ用の寝る場所が確保されています。これらの部屋は、ギャラリーの上や下に設置されています。

Advertisements
Advertisements