客室乗務員がリアルな労働環境を告白

Advertisements
Advertisements

不時着時の姿勢は誤った考えではありません

客室乗務員がフライト前の安全確認のために、「不時着時の姿勢」について説明します。不時着時の姿勢とは、航空機などにおいて不時着時の衝撃に備えて乗客がとる姿勢のことです。しかし、何年にも渡り、一部の人からこの姿勢は実は致命的だと主張されてきました。

一方、この姿勢は身体をコンパクトにします。これにより怪我から臓器を守ります。このトピックについては、Myth Bustersでもエピソード化されました。

Advertisements
Advertisements