• in

    失礼なママは、わざとトラックをブロックした後、彼女が値するものを手に入れます

    私たち一人一人は、誰にも心配されることなく自分のやりたいことができると思っている人がいることを知っていました。彼らは間違っていた。なぜなら、私たちは常に違法行為をしたり、他人を傷つけたりして、何も起こらなかったかのように生き続けることができないからです。人生において、物事は常にあなたが望むように進むとは限りません。

    作業の遅れ

    遅延

    この記事では、復讐の例を紹介することにしました。彼はやるべきことがたくさんあったので、彼は一日中忙しいだろうと確信していました。彼が建築資材を上に運ぶために移動することは非常に困難でした。さらに、彼は彼を非常に心配していた別の状況を解決しなければなりませんでした。男性が職務を遂行できるように車を動かしたくない女性がいました。

  • in

    これらの有名人は結婚したことがなく、今ではその理由がわかります

    スーザンボイル

    スーザンボイルは、2009年にブリテンズゴットタレントに出演したときに有名になりました。彼女は予想外の声で自国の審査員や聴衆を驚かせ、世界中の人々からすぐに称賛されました。

    ショーの間、彼女が男性との経験がなかったことは秘密ではありませんでした。彼女は、これまで男性にキスしたことがなく、関係もなかったことを認めました。 2014年に、ボイルはボーイフレンドを見つけたと報告されましたが、彼女はまだ彼と結婚していません。それでも、誰もが彼女が最後に見つけた男性と結婚することになると信じていました。

  • in

    あなたが所有しているかもしれない貴重なアルバム40選

    新しい世代の急激な関心により、レコードの販売が増加しています。なかなか市場に出回らないようなレコードは、最も人気があり、非常に高いレートで購入されます。このようなレコードを所持していれば、億万長者になれるかもしれません。これらのレコードについて調べて、次に見かける機会に目を光らせておきましょう。

    レッド・ツェッペリンの1969年のアルバム「レッド・ツェッペリン」

    レッド・ツェッペリンは、オリジナルで書かれた曲やブルースのカバーを含むバンド名を冠したアルバムを制作しました。このアルバムには、ジェイク・ホームズが作曲した「Dazed and Confused」が収録されています。

    また、ヤードバーズもこの曲をカバーし、当時のヒット曲となりました。このアルバムは、良いものから悪いものまで様々な評価を受けましたが、熱心なファンはこのアルバムを愛してやみませんでした。ツェッペリンは、このレコードのリリース後、大成功を収めます。2003年の「ローリング・ストーン」誌では、この10年間のベストアルバムの29位にランクインしています。イギリスで発売されたレッド・ツェッペリンのセルフタイトル・アルバムは、バンド名が薄緑色で表示されているため、千ドル以上の値がつきますが、他のエディションでは文字がオレンジ色で表示されています。

  • in

    母は娘の写真を撮影したが、その詳細に気づくと警察に直接通報した

    新学期が始まると、多くの学生の両親たちが、記念すべき子供の「学校の始登校日」の写真を撮りたがるものです。そして、アメリカのアリゾナ州オーバーンに住む13歳の少女のブルックは、もうすぐ5年生になろうとしていました。そんな彼女が楽しい休暇を終え、学びの場である学校に戻る最初の朝、彼女はお決まりの学校初日の記念写真を撮影するために、母親と一緒に自宅の裏庭に出て、そこでいくつかの写真を撮影しました。しかし、後に母親がこれらの写真をよく見てみると、そこに写っていた驚きの詳細に気づきました。それからというもの、彼女はしばらくパニックに陥ってしまったのです…。

    いつもとは違う学年の始まり

    多くの生徒達にとって、新たな1年学年の最初となる初登校の日は、彼らにとって記念すべき1年の始まりをしめす非常に大切な日です。そして、アリゾナ州オーバーンに住む13歳というまだまだ若いティーンエイジャー、ブルックの母親であるローレンは、娘にとって毎年貴重な1年のの始まりを告げるこの日の彼女を、後世に残しておける記念すべき写真として収めるておくことを、彼女の人生における1つの生きがいとしていました。これまでに彼女が撮影してきたブルックの写真の数は膨大であり、それらは家族にとって永遠に残されてしかるべきものでした。

    また、これらの毎年の写真は、被写体であるブルック本人にとっても、自らの辿ってきた進化を視覚的に見つめることができる、貴重な写真であることは間違いありませんでした。そしてある年、また学校での新たな一年をスタートさせる娘の姿をカメラに収めるべく、例年どおり母親が自宅の裏庭にて数枚の写真を撮影しました。しかし、彼女はそれらの写真のうちの1枚に写っていたあるものをきっかけとして、世界中に広く拡散されることになる事態を、全く予想してはいませんでした…。それは、ソーシャルメディア上でよく見かけるゲーム、「侵入者を探せ」に登場するような写真です。 一見すると、その写真のどこが一体おかしいのか非常にわかりにくい写真ですが、それは目にした瞬間に、鳥肌が立つような写真であることは確かです。

  • in

    消防士は中身に気づいた後、女性の家を全焼させた

    人生の中で本当に意味のない状況を目にすることがよくあります。ケビンはしばらく前に同様の状況を経験しました。彼の隣人はしばしば車の中で眠りました、そしてケビンは彼女がほんの数ヤード離れたところに家を持っていたのになぜ彼の隣人、ルースが彼女の車の中で住んで眠ったのか疑問に思いました。彼女が友好的だったのと同じくらい、ケビンは彼女が彼の家に来るのを見たことがありませんでした。

    しかし、ケビンは、なぜこの女性が確かに快適な彼女の家よりも彼女の車を好んだのかを理解したかったのです。それで彼は彼女の家に入ろうとしました。ケビンがついに彼女の家に入ったとき、彼は彼女が決して入ったことがなかった理由を知りました。しかし、彼は何を発見しましたか?彼は自分の目を信じることができなかった。その家は完全に住めなかった。しかし、それはなぜですか?

  • in

    彼らの年齢にもかかわらずまだ生きていて繁栄している年配の有名人

    人生は謎であり、時間は不思議な方法で機能しているようです。ハリウッドの黄金時代を考えるとき、私たちはいつも懐かしさを感じ、お気に入りの女優や俳優の人生の最盛期を思い出します。これらの伝説的で象徴的なハリウッドスターの多くがまだ繁栄していることを知って驚くかもしれません。明らかに遺伝子宝くじに当選し、上質なワインのように熟成した人もいれば、若々しい外観を維持するために手術を選択した人もいます。いくつかの有名人はまだ彼らの栄養価の高い食事と身体的養生法を彼らの健康状態に帰しますが、他の有名人は9回生きるのに十分幸運であるようです!それでは、私たちのお気に入りの星を懐かしく見てみましょう。

    ベティホワイト、99歳

    ベティ・ホワイトは私たちの長年のお気に入りのスターの1人であり、彼女が1940年代にラジオのホストとして実際に働き始めたことを知って驚くかもしれません!当時、映画の幹部たちは彼女が映画を作るのに十分なほどフォトジェニックであるとは思っていなかったようです。彼女の最初の主要な役割は、「メアリータイラームーアショー」でのスーアンニベンスの役割です。

    ベティ・ホワイトは歴史上どのアーティストの中でも最長のキャリアの記録を保持していたので、彼らには明らかにビジョンがありませんでした。彼女は減速したり引退したりする兆候を見せていませんが、ファンはまだこの星の健康を心配していますが、ベティはデートであり、いつでも笑顔で楽しませる準備ができています。この偉大な女優は2022年に美しい100周年を迎えます。

  • in

    ハンサムな若きイギリス王室のメンバーは、ある世界新記録を打ち立てた

    さて、あなたはこの写真に写る男の子のことを知っていますか?彼の名前はアーサー・チャットといい、この写真が撮影された当時は、まだあどけなさの残る少年でした。しかし、あなたは後の彼が一体どのような行為に出たのかを知っていますか?またこの少年は、はたして世界のどこの国で王位を得ているのか、あなたには想像がつきますか?これらの事実は、まさにあなたがあなた自身へと尋ねなければならないことです。しかし、この男の子の持つ顔つきから、あなたには少しばかり彼の正体について予想が立てられているかもしれません…。

    真実を発見するためには、この先を読み続けてください…

    この少年、アーサーの正体について語るには、まず彼の両親の話から始めなければなりません。彼の父親であるダニエル・チャットは、イギリスの有名な芸術家です。しかし、彼の息子であるアーサーは、英国王室との繋がりがあるのです。しかし、その繋がりはダニエルからもたらされたものではありません。それは実際には、アーサーの母方、ダニエルの妻から受け継がれたものなのです。さて、あなたは今、この少年の正体について少し想像が出来ているかもしれません。そう、彼の母親であるサラ・チャットは、イギリス国王ジョージ6世と王妃エリザベスの次女、故マーガレット王女の娘なのです。

  • in

    ギムズはその眼鏡を外して娘を自慢し、ファンを驚かせた

    暗い眼鏡をかけていないラッパー、ギムズを認識できるような特権を持っている人は、ほとんど存在しません。この有名な歌手は、彼のアイデンティティにおける謎を維持し続けています。しかし、彼の自身の娘とのスナップショットの際に、その素顔を隠す仮面をついに外しました。

    ギムズは、いつでも彼の素顔をその暗い眼鏡の後ろに隠してきました。彼はコンサートの時でさえ、その眼鏡を外すことは決してありません。漫画の大ファンでもあるこのラッパーは、彼のアクセサリーをスーパーヒーローの衣装として使用しています。しかし彼は、妻がスナップチャットに投稿した写真で、眼鏡をかけていないその素顔を披露しました。確かにその写真では、彼が娘を腕に抱きながらポーズをとり、優しくキスをしている姿が確認できます。

    暗い眼鏡をかけていないギムズの登場

    魔法のような魔力を秘めたこのこの瞬間は、インターネットユーザーの間で大いなる注目を集めました。そこには多くの様々な反応があり。4月18日に公開されたこの写真におけるギムズは、たしかに彼のトレードマークとも言える有名な濃いめがねをかけていませんでした。

    彼の素顔を収めた写真を公開したのは、彼の最も愛する人間である妻でした。ファンが見ることのないギムズの素顔が写った写真では、彼は音楽業界のスーパースターではなく、ただ愛情深い小さな女の子の父親そのものでした。

    この白黒写真では、目を閉じて赤ちゃんに優しくキスをしている歌手を見ることができます。しかしギムズは、たとえ眼鏡をかけていなくても、彼の瞳を一般公開しないことには熱心であるようです。彼は、そのアイデンティティの一部を意図的に謎のままにしているようです。

  • in

    ジョシュア・ジャクソンが幸せな父親に:妻のジョディ・ターナー・スミスが無事出産を終えた

    ジョシュア・ジャクソンとジョディ・ターナー・スミス夫妻の家族は、最近また一歩成長しました。人気シリーズ『ドーソン』に出演していたスターと、映画『クイーン&スリム』ヒロインのカップルは、彼らの最初の赤ちゃんを歓迎したことが、彼らの親しい友人によって明らかにされました。

    これは、映画業界で待ち望まれていた大きなニュースです。ジョシュア・ジャクソンは、小さな赤ちゃんを迎え、始めて幸せなパパになりました。そんな彼のパートナーであるジョディ・ターナー・スミス(33歳)もまた、始めての赤ちゃん出産となりました。

    初めてパパになったジョシュア・ジャクソン

    この2人の俳優のおめでたいニュースは、ニューヨーク・ポストで6ページにて大々的に伝えられました。そこには、「若き俳優夫婦は、無事に最初の子供を迎えました。母子ともに健康で、どちらも幸せです。」と書かれています。

    赤ちゃん誕生という情報の提供者は、赤ちゃんの性別や名前までは開示しませんでした。最近の噂によれば、夫婦の赤ちゃんは女の子であったようです。そして、この噂の起源となったのは、母親のジョディ・ターナー・スミス本人による行動です。彼女は、自身のInstagramの投稿で、誕生したばかりの赤ちゃんの性別についての手がかりをファンに与えていました。「これらは、私のお気に入りの瞬間です。」と、彼女はキャプションにて語っています。「ここで赤ちゃんが踊っている姿を見ることができますか?私が彼女をカメラで撮影しようとするたびに、彼女は止まってしまうのです!」と、彼女は妊娠中の写真と共に語っています。

  • in

    リチャード・ギアは70歳で再び父親になり、妻アレハンドラ・シルバは2番目の子供を出産した

    リチャード・ギアは、70歳という高齢で再び父親としての喜びを噛み締めています。俳優の妻であるアレハンドラ・シルバは、有名なハリウッド俳優との間の2番め、ギアにとっては合計3番目の子供を出産しました。

    彼の得た幸福は、決して1つではありません。リチャード・ギアとアレハンドラ・シルバの間には、アレクサンダーという名前の男の子がいます。そして彼の妻は、ついに2番目の子供を迎えました。アメリカの俳優は、70歳で3度目の父親になったのです。しかし、赤ちゃんの性別は男の子だとわかっていますが、その名前はまだ明らかにされていません。

    三度目のパパ

    『プリティウーマン』でジュリア・ロバーツのポスターを共有する人にとっては、3番目の男の子です。彼の長男、キャリー・ローウェルとの2度目の結婚から産まれたホーマー・ジェームズ・ジグメは、20歳の若い男性です。

    アレクサンダーという名の2番目の男の子は、父親同様に俳優です。彼は父親の現在のパートナーであるスペインの活動家、アレハンドラ・シルバと一緒にいます。後者は、3番目の息子を出産したばかりです。

    スペインの雑誌Holaが報じたように、夫婦はこの新らしい生の誕生を、控えめに祝いたいと考えているようです。この幸せな両親は、男の子の生年月日と名前を秘密にしているだけでなく、ニューヨーク郊外のパウンドリッジ牧場でしばらく養生しているようです。

    今回の赤ちゃんは、リチャード・ギアとアレハンドラ・シルバが2015年の組合以来、雲なき透き通った愛を共有していることの証でもあります。様々な映画への出演で世界的に有名なハリウッド俳優は、いくつかの実りのない恋愛と失望の後に、若きスペインの活動家との間に愛を見い出したのです。

  • in

    マリリン・モンローの最高の映画3つ

    マリリン・モンローは、これまでで最も有名であり、かつ象徴的な女優の1人ですが、彼女はかつてオスカーを受賞したことはありません。実際に批評家達は、マリリン・モンローのキャリアのほとんどを長い間無視し続けてきました。現代においては、マリリン・モンローは彼女の持つスキルのクオリティ、また演技の繊細さで正しく認識されており、偉大な女優と見なされています。しかし、この事実は当時の何人かを驚かせるかもしれません。

    残念ながら、彼女はその生涯を通じて、演技の才能があるとは見なされていませんでした。当時女優として働いていた彼女の賃金は、驚くほど低賃金だったのです。今日においては、彼女はその演技力と唯一無二の色気で多くの人に愛されており、史上6番目に偉大な女性映画スターとして、アメリカ映画研究所に認められています。

    これは、美しさの背後には真の知性が隠されていることを示しています。そして、そんなモンローが劇中で彼女の才能を確実に描写し、単なる愚かなブロンド美女以上のものであることを証明していた、3つのトップ・パフォーマンスのリストを紹介します。

    1953年『ナイアガラ』

    モンローの初期の長編映画の1つは、セクシーな1953年のスリラー、『ナイアガラ』でした。この映画は、恋人と一緒に虐待的で年上の夫(ジョセフ・コットンが演じる)を殺害しようと企む、女性の危険な性的欲求に焦点を当てています。

    モンローが愚かなブロンドとして不当にラベル付けされているこの後のコメディ作品とは異なり、この映画では、彼女は自分の利益のために何でもする冷酷な女性を描いています。彼女の持つ無限のセクシュアリティは、冷酷な殺人でさえ、彼女に可能にさせるのです。この映画には、当時撮影された中で最長となるモンローの「セクシーな散歩」シーンが含まれており、後に業界が彼女の最高の資産だと確信したものが始めてスクリーン上で紹介されました。過度に好評を得たこの映画に対する賞賛のほとんどは、モンローと実際のナイアガラの滝の美しさに集中しています。モンローのキャリアにおける初期段階のこの映画は、後の彼女の有名なコメディーにおける役割とはまったく異なる方法で、彼女の持つ強烈なセクシュアリティを示しています。実際、かのアンディ・ウォーホルは、この映画のプロモーション・プランを使用して、有名な作品「マリリンのディスパッチ」を制作しました。

    1953年『紳士は金髪がお好き』

    多くの批評家や無防備な視聴者たちは、ただモンローがその種の映画で演じていたという単純な理由だけで、彼女は実生活においても愚かな金髪であると頻繁に誤解していたようです。

    実際、彼女がこの映画で披露したコメディ、歌と踊りは、彼女が兼ね備えていた多才さをを示しています。モンローとラッセルは、ヨーロッパへの冒険に出かける途中で、あらゆる種類のトラブルに巻き込まれる2人のショーガールの親友です。映画の筋書きは小さいですが、モンローとラッセルが一緒に画面上に出演しているさまを見るのは至福であり、モンローの「ダイヤモンドは一番の親友」の表現は、後に幅広く引用されています。マドンナやニコール・キッドマンを含む、現代の大物歌手や女優によるこれらのカバーを見ると、モンローがいかに才能があり、カリスマ的な女優であったのかが分かります。彼女は自分の才能をいかにも簡単なように見せていますが、決して賛辞を求めているような強欲なものではありません。また、ラッセルとモンローは撮影中に良き友達になり、ラッセルはモンローがセット中に大きなストレスに見舞われるのを助けていたそうです。

    1956年『バス停留所』

    『バス停留所』でモンローは、出演作で最初となる劇的な役割を演じました。この映画自体はさまざまなレビューを受けていますが、ナイトクラブでの平凡な歌手としてのモンローのパフォーマンスは、無意識のうちにナイーブな若いカウボーイ(ドン・マレー演じる)を訓練していました。

    劇中モンローが披露する「オールド・ブラック・マジック」はカウボーイを魅了しますが、それはまた、彼女がどれほど悲しい状態にいるか、彼女の才能がどれほど限られているか、そしてステージで成功するという彼女の夢が、どれほど実現不可能であるかを見てとることができます。モンローが実際よりも才能がないように見えるパフォーマンスをすることは、彼女にとって勇気のある決断だったことでしょう。また、この作品で彼女の持つ美しさは、一晩中起きている役柄上の淡いメイクと、麦わら色の髪によってトーンダウンされています。彼女がハリウッドに真剣に受け止められるように、極めて決意的な行動を起こしたのはこの作品が初めてですが、残念ながら、彼女の思いは叶わなかったようです。この作品は、モンローがニューヨークのリー・ストラスバーグに師事して学んだ演技スキルを、最初に披露した映画でもあります。

    マリリン・モンローの出演作に興味がある場合は、Apple TV、Disney +、またはHBOMaxなどで鑑賞することができます。

  • in

    史上最高の3人のスーパーマン

    大画面またはテレビで『スーパーマン』を鑑賞することには、一定の期待値があります。それらは必ずしも公平、または簡単なものではありません。しかし、75年以上に渡って続く同物語の主演のキャラクターは、クリプトンの最後の息子がどのように見え、またどのように振る舞うかについて、視聴者がそれぞれ独自の考えを抱くことでしょう。幸いなことに、映画やテレビでケープを纏ったすべての偉大な俳優は、彼らの与えられた役割にどれもふさわしい存在であり、各俳優がキャラクターの本質的な要素を提唱しています。これまでに数え切れないほどの俳優が伝説のスーパーマンを演じてきましたが、ここに史上最高の3人の俳優を紹介します。

    クリストファー・リーブ

    唯一無二の存在であるクリストファー・リーブは、スーパーマンを代表するすべてのものを具現化しただけでなく、1978年の『スーパーマン:映画』における彼の描写は、人は実は飛ぶことができるのだ、と私たちの多くに信じさせるものでした。

    映画の品質は少々低下したかもしれませんが、主役を演じたリーブは、私たちのマン・オブ・スティールであり、それは永遠に変わらないでしょう。彼は『スーパーマン』(1978)、『スーパーマンII』(1980)、『スーパーマンIII』(1983)、『スーパーマンIV』、そして『平和の探求』(1987)で彼の姿を見てきました。残念なことに、彼は2004年に亡くなりましたが、彼は真のアイコンであり続けており、彼を最後のクリプトニア人であると言っても不思議ではありません。クリストファー・リーブは、度重なるパイロット訓練が、彼のワイヤーとブルースクリーンの飛行シーケンスを説得力のある演技へと進化させることを可能にした一方で、彼は人は飛ぶことができるという絶対的な信念のもと、自身の身体を張った演技で、実際に一般大衆にも信じさせることに成功しました。さらに印象的なことに、リーブはクラーク・ケントとしてアポロンから印象的な体を隠し、姿勢、声、マナーを変えて、眼鏡とスーツにだまされる可能性があると、人々に信じ込ませました。

    ディーン・ケイン

    ディーン・ケインは、1993年から1997年の間にスーパーマンを演じました。その中には、『デスパレートな妻たち』のテリー・ハッチャーが演じる、ロイス・レインとの関係も含まれていました。

    『ロイス&クラーク:ザ・ニュー・アドベンチャーズ・オブ・スーパーマン』については、どのようなことでも言うことができますが、この映画は興行収入的には成功を収めました。『ロイス&クラーク』の最初のシーズンは、90年代初頭のスーパーマン・コミックのキャラクター・ダイナミクスに可能な限り近い描写がなされており、ディーン・ケインのクラーク・ケントと、テリー・ハッチャーのロイス・レーンの間の真の相性は、ファンを大いに沸かせました。これらは良質な90年代初頭のシリーズだったものの、あまり高く評価はされていません。物語は大げさに語られますが、今となって見れば、少し真面目すぎて安っぽいようにも見えます。もちろん、その効果もあまり良いものであるとは言えず、それらはすべて、アダム・ウェスト演じる『バットマン』のあまり面白くないバージョンそのもののように聞こえます!とにかく、ディーン・ケインは本当に良い仕事をしました!

    ヘンリー・カヴィル

    私たちが今まで見た中で、最も現代的なスーパーマンであるヘンリー・カヴィルは、クリプトンの最後の幽霊の息子と、映画業界が長年求めてきた無私の英雄との間のバランスを上手く掴みました。

    カビルの肉体的な美しさを疑う人は誰としておらず、彼は人は飛ぶことができると一般大衆に信じさせただけでなく、また建物を通して人々を襲うことも可能にしました。ワーナー・ブラザースは、彼が今後何年にもわたって、劇場でスーパーマンを生かし続ける男だと確信しています。彼は『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で少々批判されましたが、スタジオはジャスティス・リーグのために、はるかに伝統的なバージョンのカヴィルを選んだようです。しかし残念ながら、後に『マン・オブ・スティール』がリリースされてから、彼の得てきた評価は薄らぎ始めているようです。しかし、この先にも大画面でさらに多くのスーパーマンが見られる可能性はあるため、業界が私たちの希望に答えてくれることを願っています。

    オブザーバー誌によると、この記事で紹介した3人の男性は、スーパーマンのマントを最もよく着こなしていた俳優として認めていますが、そこにはトム・ウェリング、ブランドン・ラウス、ジョージ・リーブス、タイラー・ホークリン、そしてここでは名前を挙げない他の俳優たちも、素晴らしい仕事をしてきたという事実を忘れないでください!

Load More
Congratulations. You've reached the end of the internet.