• in

    メキシコの新しい空港での発掘作業中、古代の生き物の骨が発見された

    労働者たちはが予期せぬ事態に遭遇したとき、彼らはある特定の場所で発掘作業にあたっていました。その朝、いつもどおり彼らが現場に向かった時、7フィートほどの長さにまで達する巨大な骨を発見するなどとは、まるで思いもしていませんでした!さらに、見つかったのはその骨だけではありません。実際に、作業員は現場でこれらの古代の遺物を何百個も目にしたのです。しかし、彼らが古代における墓地を発掘していたのかどうかという手がかりは、誰の手にもありませんでした。しかし、作業現場であるメキシコの空港は、実は古代の巨大な獣が休憩していた地点に建てられていたのです。

    この骨は実に巨大であっただけでなく、非常にまれなものでした。作業員は、今回の予想外の発見を明確に分析するため、すぐに専門家たちからの支援を求めました。この発見は、多くの考古学者たちを興奮させましたが、現在メキシコシティのある土地を管轄する一部の人々にとっては、非常に悪いニュースとして降り掛かったのです。その理由は、政府は2022年までに、この現場に新しい空港を建設する計画を立てていたからです。そして、あなたも想像できるように、今回の古代の骨の発見は、そんな彼らの計画を文字通りひっくり返したのです

  • in ,

    妻は絵画を手直しすると、夫が50年間隠し続けてきた嘘を知った

    明らかになった秘密

    彼女は、思わずその手を口に当てました。それまでに彼女が良く知っていたと思っていたある絵画は、今やまったく異なって見えていました。彼女がずっと真実だと思っていた内容は、実は真っ赤な嘘だったのです。そして彼女は、自分の人生は二度と今後同じ方向に進むことはないだろう、との確固たる予感を抱いていました。シャン・クアンは、自身の感じていたショックを適切に表現する方法を知りませんでした。彼女はただ口を大きく開いた状態で、ただ彫像のようにその場に立ち続けました。

    シャン・クアンは、彼女の夢を生きていた女性でした。聡明な彼女は、ケンブリッジとエール大学にて学び、優等生200人の中で15位にて卒業しました。彼女は、世界中で最も有名な2つの大学に自ら志願して学生になったのではなく、彼の持つ頭脳が、大学を彼女に惹きつけたのです。シャンは、それほどまでの明晰な頭脳を持った女性でした。現在、クレス財団で修復者として働く彼女の懸命な努力は、実に豊富な資産を築くことを可能としていました。しかしそんな良き人生も、ある特定の絵が彼女のオフィスに到着するまで、のことでした。

  • in

    ボーイフレンドから手作りのネックレスをもらった女性は、2年後にその中身に気づき悲鳴を上げた

    愛情にあふれたパートナーは、常に大切な相手の事を思い、彼らを幸せにするために、多くの時間とお金を費やすものです。特に、誕生日などの大切な日の贈り物を考える場合は、より完璧なアイテムを求めて、店から店へと渡り歩くものですが、パートナーにとって最も価値のあるアイテムを贈るために、大きな創造的を発揮する人々もいます。中でも婚約指輪は、私達が大切なパートナーへと贈ることのできる、最も物質的で重要な贈り物の1つです。そしてこれが、私達のすべてが相手にとって完璧な指輪を見つけるために、実に多大なる努力を払わなければならない理由です。

    そして、これはテリーにも当てはまりました。彼は、大切なパートナーであるアンナと付き合い始めてから最初の年となる記念日に、誰にとっても信じられないほど想像力豊かな贈り物をすることに決めました。テリーの選んだ特別な贈り物は、様々なパーツを組み合わせて作られた、彼自身の発明品といっても良い品物でした。彼は、今回の贈り物をただの普通のプレゼントとするつもりはなく、彼の最も愛する人にとって、一生身につけられるようなものにしようと心に決めていました。

  • in

    男は骨董店で2ドルの写真を購入したが、そこに写る人物の正体を知ると仰天した

    純粋な運

    骨董品店は、私たちがしばしばがらくたとして定義するような、古ぼけた使い道のないようなアイテムでいっぱいです。今回紹介する物語は、ある男性がそんな骨董品店で2ドルで購入した、歴史的な写真についての物語です。それは信じられないほどの幸運の物語であり、その内容を知ったあなたは、おそらく近所のフリーマーケットを定期的にチェックし始めるようになるかもしれません!

    この物語の主人公、ランディ・ギジャロは、常に物品の収集に大きな情熱を持っていました。そんな彼が、あるアンティークショップで古い写真を発見した瞬間、それまでの彼の人生は非常に大きく変化したのです。

    彼は、何気ない日に古い骨董品店の前を通り過ぎました。そして、彼が何気なく店に入ることを決心した瞬間から、彼の命運は永遠に変わることとなったのです。しかし、なぜ彼はその運命の日に、店に入ることを決意したのでしょうか?

    ランディの自宅は、一部の人々においては、ただのジャンクヤードと表現するような状況でしたが、彼にとっては宝の山そのものでした。そこには大量のアンティークコイン、本、漫画、おもちゃ、切手、そして彼が見つけた興味深い品々が山積みになっていました。しかしランディは、そんな彼の執着を、最終的には金鉱に変えることになるのです。

  • in

    息子の墓に供えた花がこつぜんと消失すると、父親はカメラを設置した

    予想外の盗難

    彼女は、自分の目を信じることができませんでした。果たしてこれは、誰かが意図的に行った行為なのでしょうか?それは具体的には彼女ではなく、彼女の亡き息子に起きたことでした。彼女が彼への贈り物として与えた花ほど貴重なものを、何故見知らぬ誰かは勝手に受け取ることができるのでしょうか?また、彼女の夫も彼女と同様に動揺していました。彼らは、果たして誰がこのような行為を行ったのかを突き止める必要がありました。そして彼らは、監視カメラに残されていた映像を鑑賞すると、そこに見た内容をどうしても信じることができなかったのです。あるメモは、年配の女性によって書かれていました。

    この夫婦は、同地域に住む他の住民ととても中がよく、彼らはもはやただの隣人同士などではなく、家族同然のような存在でした。しかし、彼らが良く知る人々しかいないこの地域で、なぜ今回のような事件が起こったのでしょうか?ある女性は、赤ん坊を誘拐した罪により逮捕されるまで、自分の罪を告白することはありませんでした。彼女は何ヶ月も彼らを監視し続け、適切な瞬間が来るのを待っていたのです。そして、彼女自身のセキュリティ映像は、彼女を起訴し、家族から永久に遠ざける決定的なものとなりました!

  • in

    ウェイトレスは既婚男性にメモを渡し、彼の妻はその秘密の内容を知った

    0

    ジャッキーは、ちょうど3人目の子供をもうけたばかりでしたが、その頃の彼女と夫は、実に困難な時期を過ごしていました。彼らの関係は最高と言うには程遠く、彼らはお違いの間の緊張感を和らげるため、子供たちと一緒に夕食に出かけることにしました。家族揃っての外食は、家族に何が起きているのかをじっくり話し合うことのできる、最高の場所であるはずでした。また、新鮮な空気を楽しみながら、上質な食事を味わうことは、疲弊した彼らにとって最良の環境であると考えられました。しかし彼らは訪れたレストランで、あるウェイトレスが家族全員を驚かせるような行為を敢えて行うとは、想像もしていませんでした。

    彼の背後での行動

    多くの男性は、女性はしばしば嫉妬に駆られる傾向がある、という意見に同意するでしょう。しかし、これは一定の日のレストランで発生した事件の原因ではありません。その日、ジャッキーと彼女の家族は、ただリラックスした楽しい時間を過ごすために、家族揃ってレストランに出かけました。この決断は、彼女が当時抱えていたストレスを一旦脇に置き、家族とただ静かに過ごしたいと思ったことからもたらされたものです。ジャッキーは、この外出が家族間の毎日の緊張感を和らげることができれば、と願っていたのです。

    家族がレストランで席につくと、ジャッキーはまずお手洗いへと向かいました。しかし、彼女が席へと戻ったとき、彼女はまったく予想していなかったような事態に遭遇したのです!彼女がテーブルを空けている間、当日のレストランに勤務していたあるウェイトレスは、ジャッキーと彼女の夫にとって、実に信じられないような何かをテーブルに残したのです。そして、ジャッキーの胃を文字通り180度回転させたのは、このウェイトレスがテーブルに残したそのメモに書かれていた内容でした。

  • in

    服装を理由に学校から追放された十代の少女に対し、父親が介入した

    耳を傾けていた父親

    学校の管理者が、彼の娘を追放した明確な理由について、意図的にぼかしていることを学んだ時、彼は驚きながら部屋にいる全員の顔を見わたし、ぽかんと空いたその口を閉じる事ができずにいました。

    彼はその場所に立ちながら、彼らが娘を叱り続ける姿を心房強く眺めていました。しかし、やがてそれがピークに達すると、彼は介入に出ざるを得ないと判断しました。彼は自身のネクタイを緩め、ゆっくりと袖をまくり上げ、前腕と肘を露出させました。今、彼はこの戦いがやがて拳を行使するものになるだろうという予感がしていました。

    トニー・アラルコンは、状況が許す時には、自身が望むものを何でも手に入れることのできる経済状況を手にしていました。彼は投資銀行家であり、不動産ビジネスで多くの成功を収めていたのです。しかし、大切な娘の通う学校が、ある事件をきっかけに娘の学業を阻んだ時、彼は怒りを感じずにはいられませんでした。娘の顔に大粒の涙が流れているのを見ると、普段は冷静な彼も、感情的な行動を取らざるを得ませんでした。彼は、自身の持つすべての利用可能な資産を利用し、娘と学校の状況を改善しようと行動に乗り出したのです。

  • in

    男はハワード・ヒューズの古い飛行機を回収し、史上最もクールなハウスボートに改装した

    1939年の運命の日、有名な飛行士ハワード・ヒューズは、彼の貴重なボーイング307ストラトライナーを、最終の飛行へと連れて飛び立ちました。しかし後に、ヒューズの誇るいわゆるフライング・ペントハウスは、解体屋によって破棄されることはありませんでした。その代わりに、後にいくつかの劇的な改装を機体に加えることになる、ケネス・ロンドンの手へと渡ったのです。まず最初に、彼はその翼を取り外し、それから水耐性を施し、最後に、彼は舵を追加しました。このようにしてロンドンは、古い機体を実用的なハウスボートへと改装しました。そしてその結果は、実に信じられないものです!

    しかし、このフライング・ペントハウスの劇的な変化は、果たしてどこから始まったのでしょうか?その仕掛け人であるロンドンは、もちろんヒューズの愛機への強い愛着と、飛行機に対する情熱を抱いています。億万長者であるロンドンは、これまでに自主的に映画を制作したり、また新しい発明を考案したりと、その生涯にわたって様々な分野に頭を突っ込んできました。そして、これらのすべての根底にあるもののは、この男の異常なまでのクラフトへの熱意であり、一部の筋によると、それは彼の持つ強迫性障害によってさらにその勢いを増したと噂されています。

  • in

    専門家は不思議な化石を発見した後、地球上で最も深い穴を封印した

    ロシア北西部に位置するある人里離れた半島で、多くの科学者たちが緊張した面持ちで集結していました。この現場では、これまでの科学では明確な回答を得ることが出来なかった、ある重大な質問への答えが導き出されようとしていたのです。彼等はその答えを求めて、これまでに地球の中心に向かって、何十年もの時間をかけて地面を掘り下げてきました。

    40,000フィートを超えるまでに達した彼らの試錐孔は、人類がこれまでに作った中で、最も深い穴として記録されています。しかし、彼らが答えを得る前に、誰にも予期していなかったある事件が発生し、結果として研究者たちは実験を破棄し、穴を永久に封印することを余儀なくされました。

    未知なるものに大きな興味を抱き続け、その解明を続けてきた私達人類は、現在においても、地球の反対部分、その内部にあるものの謎について魅了され続けています。しかし人類は、1957年に人類初の人工衛星が宇宙に送られて以来、地球そのものではなく、空に浮かぶ宇宙や惑星の秘密を解明することに、より夢中になっているようです。

    そして今、私たちは世界的な宇宙機関と民間企業の調査の結果により、これまで以上になく宇宙について深い知識を得ています。しかし、地球の深部についてはどうでしょうか?

  • in

    聴覚障害のある女性は山頂から600フィート落下したが、突然自分が一人ではないことに気づいた

    2018年の夏、聴覚障害者の大学生であるアメリア・ミリングは、夏休みの期間をアラスカで過ごすことにしました。当時、彼女はテネシー州にあるロチェスター工科大学に通う、21歳の大学生でした。アメリアは大胆不敵なハイカーであり、新しい登山先を探索することを趣味としていました。彼女のお気に入りの娯楽は、一人で歩いたり、難しいトレイルを歩くことです。そんな経験豊富な彼女は、雪の中でのハイキングは大きな危険が伴うことを承知していました。特に、彼女のように障害を抱えている人にとってはなおさらです。

    彼女は障害を抱えているにもかからわず、困難なソロでのハイキングを遂行するための知識、能力、そして好奇心を兼ね備えていました。雪に覆われた荒野を探索することほど、大変な労力を伴うことはありませんが、アメリアのような探検家にとって、極めて難しいハイキングへの挑戦は、自分への挑戦のようなものでもありました。アメリアは聴覚障害に苦しんでいましたが、実に強くて大胆な女性でした。そのため、彼女は自分自身の限界に挑戦することを生きがいとしており、今回まったく新しいハイキングに挑戦するため、地元のテネシーからアラスカ最大の都市であるアンカレッジへと旅を始めました。

  • in

    地球上でこれまでに発見されている、最も致命的なヘビ一覧

    0

    LD50(致死量)評価とは、化学的化合物と、生物学的化合物における両方の毒性を推定するために使用されている、典型的な尺度のことを指します。この尺度は、世界で最も危険な有毒を秘めるヘビのリストを編集するために使用されています。このリストに登場するすべてのヘビの持つ毒が、同じように有毒であるわけではありませんが、これらは人間の生命を脅かす可能性を秘めた、最も危険なヘビとされています。これらは機動性の高い小さな体を持ち、脂っこい表面、そして実に悪名高い致死量の毒を誇ります。LD50値は、試験動物グループの50%を抹殺するに十分な毒の量を指定しており、この数値が少なければ少ないほど、より危険なヘビであるとされています。また、これは複数の動物のカテゴリーを指している可能性もありますが、今回の記事では、最も思慮すべき存在である、世界一のキラー種、ヘビを紹介します。

    キングコブラ

    キングコブラは、アジア全土とインドのジャングルに生息しています。このヘビは、世界で最も長い体長を持ち、また最も有毒とされています。大きいものでは6メートルもの長さに成長するため、もはや実際にコブラ科には属しません。キングコブラの脅威としては、ほとんどのコブラやマンバと同様、首のフラップを広げた後、頭を直立させて膨らませ、シューという不気味な音を立てる点にあります。このキングコブラは、いくつかのサブファミリーに分けることができます。

    おそらく、このファミリーは人間にとってやや安心な種類であるはずです。彼らの体長は、実に驚異的な印象を周囲に与えるので、彼らは人間と出会うと、上半身、特に胸の領域を誇張して対峙することで知られています。一般的にキングコブラは、主にトカゲ、齧歯類、または他のヘビを狩るため、人間にとっての最大の脅威ではありません。しかし、この爬虫類は非常に協力な神経毒を持つため、敵に毒を与えてから数時間以内に麻痺、もしくは抹殺することができる可能性があります。もし人間がキングコブラに噛まれた場合、生存の可能性は40%と言われています。

  • in

    娘が両親にDNA鑑定を受けさせた結果、人生を変えるような秘密が明らかになった

    2020年までに、世界中の3000万人以上もの人々が、DNA検査を受けました。これらのうちの多くの人々は、自身の家系の由来や民族性について学ぶために、自らこれらの検査を受けました。そして、レベッカ・カルテローネにとっての検査結果は、彼女の父親の持つ、誇り高きイタリアの家計を明らかにした玄関口となりました。しかしこのDNAテストは、ただの楽しいクリスマスプレゼントではなく、彼女の家族状況を永久に変えることになる、悲惨な秘密を明らかにしたのです。

    すべての始まりはクリスマスプレゼントから

    ジョーとジェニファー・カルテローネは、娘のレベッカに家族の歴史についてもっと知ってもらうため、DNAキットを購入しました。しかし、彼らがいかにしてこのアイデアを思いついたのか、後に彼らは困惑することになります。ジョーは、「それは、毎年恒例の楽しいクリスマスのプレゼントとなるはずでした。しかし、どうして私達はこのプレゼントを思いついたのか、今となってはわかりません。」と述べています。 2018年、レベッカ・カルテローネは、家族全員のためにある共通のクリスマスプレゼントを購入しました。それは、家族の遺産を調べるためのDNA検査キットでした。

    レベッカは、ジョセフ(ジョー)とジェニファー・カルテローネの間の一人娘です。彼女は彼らの唯一の子供であり、よって彼女は家族の中心的存在でした。そして、彼らの家族の遺産やその血縁の由来についてレベッカが興味を示したのは、今回が初めてのことではありませんでした。彼女は実にスマートな女の子だったのです。母親のジェニファーは、「おそらく、ソーシャルメディアでDNA検査を行っている人々を見たことから、これは良い考えだと思ったのでしょう。」と述べています。

Load More
Congratulations. You've reached the end of the internet.